オブジェクト指向とは

オブジェクトを組み合わせてプログラムを構築する手法のことです。

大規模なソフトウェア開発に有効な手法で、
オブジェクトの利用法を理解していれば、
オブジェクトの内部構造・動作原理を理解する必要がありません。


オブジェクトは再利用することが出来る為、
組み合わせ次第で様々な応用か効きます。


その為オブジェクト指向は操作順序よりも、
捜査対象に重点を置く考え方であるとされています。

無料説明会参加 資料請求