型変換とは

型変換(かたへんかん)とはプログラムにおいて、
あるデータ型を他のデータ型に変換することです。


暗黙の型変換と明示的型変換の2つの変換があり、
暗黙の型変換はコンパイラの判断によって自動的に行われるもので、
Javaでは自動型変換というものがあります。


一方、明示的型変換はその名の通り明示的に指定をして行う型変換のことで、
Javaではキャストが該当します。

他にもJavaで出来る型変換の種類として


・恒等変換

・プリミティブ(基本)型の拡大・縮小変換

・参照型の拡大・縮小変換
・文字列の変換


などがあります。

無料説明会参加 資料請求